macfujilog

人生をより楽しく

*

【レビュー】高級オフィスチェア、エルゴヒューマンプロは最高峰の座り心地。

      2016/06/15

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom 現像

高級チェアに座りだしてから作業が捗りまくっているMACFUJI(@macfuji303)です。最近引っ越しました。

社会人になって、いいモノを買いたい欲が強まっていた僕は、オフィスチェアだけはいいものがほしいと思っていました。

なぜかというと、イスに座っている時間がとても長いからです。自宅で作業するとき、勉強するとき、ブログを書くときなど、気づけばほとんどイスに座っています。
座っていないのは寝てる時くらいではないでしょうか。

というわけで、引っ越しをきっかけに「いいイス」にはこだわりたいという気持ちを持っていた僕は、高級オフィスチェアというものに興味が湧いていました。

高級チェアでいうと、有名ドコロはなんといってもアーロンチェア。これが頂点に君臨していると言ってもいいのではないでしょうか。

しかし僕は、高級チェアの代名詞であるアーロンチェアを選ばずに、エルゴヒューマンプロを選びました。

そしてこれが大正解。最高の座り心地です。

スポンサード リンク

僕がエルゴヒューマン プロ オットマンを選んだ理由

僕がエルゴヒューマンプロ オットマンを選んだ理由は3つ。
・デザイン
・すわり心地
・リクライニング機能
です。これらは絶対に妥協できない点でした。

デザイン

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom 現像
エルゴヒューマンの素晴らしいところといえばまずデザインです。この人間工学に基づいて作りました感満載のデザインが素敵です。
そして、このイスを後ろから見てください。

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom 現像
何ですかこのエロい背骨は・・・

イス全体の重みをこのアルミボディが支えています。後ろから見ていると、「全てを受け止めてくれる感」が半端じゃ無いです。そして脚もアルミ製。ここまでカッコいいオフィスチェアはありません。

ちなみに、ドラマ「リッチマン、プアウーマン」で日向徹が座っていたイスでもあります。座ると小栗旬になれます。

2012 08 13 220144

極上の座り心地

カッコいいだけでは終わりません。エルゴヒューマンプロは極上の座り心地です。前項にも少し書いていますが、このイスは人間工学に基づいて作られており、座り心地がバツグンです。

ヘッドレスト、腰当て、肘掛け、オットマンと、イスに求められるべき全てがこの椅子に凝縮しており、しかも全てにおいて細かい調節が可能です。

Ergohuman PRO機能紹介 製品情報 Ergohuman Official site エルゴヒューマン公式サイト

これだけ動きます。背の高い人も、低い人も、自分好みに調節することができるので、快適に座ることができない人はいないでしょう。

ちなみに、僕は身長170センチですが、座り心地は最高です。

リクライニング機能でオンオフにメリハリ

高級オフィスチェアによくある機能の一つ、後ろに体重をかけたらスーッとリクライニングする機能に憧れを持っていた僕は、エルゴヒューマンプロのリクライニング機能にも感動しました。

ブログを書いたり勉強したり。集中して作業していると休憩したくなります。

そんなときはエルゴヒューマンの背もたれに思いっきり身を委ねて、伸びをします。んー!って。
すると背もたれがスーッとリクライニングして、僕の伸びを全力でサポートしてくれます。しかも全体を支えているのは強靭なアルミボディなので、軋むこともありません。とにかくしっかりを僕を支えてくれるのです。

もちろん、リクライニングしないようにロックすることもできるし、リクライニングしたままでロックすることができます。作業中はリクライニングをロックして作業に集中、休憩するときはガッツリ背もたれを倒してリラックス。

このオンオフのメリハリもエルゴヒューマンならではです。

座った感想。オットマン最高すぎ・・・

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom 現像
僕が買ったエルゴヒューマンプロ オットマンは、通常のプロと違ってオットマン(脚を乗せてリラックスするやつ)がついています。

通常は下の方に収納されてて・・・引き出すと出てきます。

リラックスするときはこいつに足を乗せる。オットマンとリクライニングを組み合わせると、ある程度体が一直線になります。これがなにを表しているか・・・

そう、余裕で寝れます。

実際僕も、軽く仮眠をとりたいときはベッドではなくエルゴヒューマンの上で寝ることとがあります。ベッドだと朝まで目覚めないことはあっても、さすがにさすがにこいつの上では目覚めます。

少し疲れたときは作業を中止してゆっくりすることもできますね。

1つだけ欠点を挙げるとすれば、オットマンが若干短く足先まで届かないので、ふくらはぎ付近が圧迫されることでしょうか。なので僕は足を伸ばしてオットマンに足を乗せるというよりは、若干足を曲げてオットマンに乗せています。するととても快適に座ることができます。

座るというよりは寝ると言ったほうがいいかもしれません。

おわりに

Lightroom 5 Catalog lrcat Adobe Photoshop Lightroom 現像
僕がエルゴヒューマンプロ オットマンを買ってから、完全に僕のデスクワークは進化しました。

まずなんといっても座っていてまったく疲れることがなくなりました。今までは長い間作業していると疲れてくるので少し立ち上がって歩き回ったり、ストレッチをしていました。ひどいときには腰が痛くなったりして椅子に座ることができないということもありました。

でも今は、どれだけ長い時間エルゴヒューマンに座っていても疲労を感じる事はありません。疲労を感じることが少ない理由は、抜群の坐り心地と、腰当てがしっかりホールドしてくれること、また作業に疲れたらぐーーーっとリクライニングをして伸びをすることができるからです。

生活の中でイスに座っている時間はどれくらいですか?椅子に座っている時間がながければ長いほど、イスには妥協すべきではない。と強く感じます。

MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

LINEで送る
Pocket

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です