macfujilog

人生をより楽しく

*

たまりがちな年賀状は電子化しよう!スキャンしてEvernoteでスッキリ

   

FullSizeRender

あけましておめでとうございます。

正月の風物詩、年賀状。長い間連絡を取っていない人とも、年賀状のやり取りだけはしているよという人もいるかもしれません。

年に一回の事なのですが、ずっと年賀状のやり取りをしていると少しづつ年賀状が溜まってきます。正月に年賀状を見て、送っていない人がいれば返事を送って、どこかに収納して、また次の年に年賀状を見返して、送る人を人を決めている人も多いかと思いますが、年賀状が溜まってくると収納場所に困るようになります。

そんなときは、年賀状をスキャンして、データ化してしまいましょう。電子化して保管してしまえば、収納場所にこまることもないし、なくすこともありません。

僕が使っているスキャナーは富士通のScanSnap S1100というモデルです。5年ほど前に買ったので、間違いなく型落ちモデルだと思うのですが、まだまだ現役で使えています。

富士通 FUJITSU ScanSnap iX100 (A4/片面/バスパワー駆動) FI-IX100A
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 576

こちらは最新モデル。サイズも小さく、持ち運ぶこともできて使い勝手もいいので、一家に一台あるととても便利です。

スポンサード リンク

スキャンしたデータはEvernoteに保存

Evernote jpg 800×600 ピクセル

スキャンしたデータは、Evernoteに保管しておくのがもっともよい方法です。クラウドに保管すれば、紛失することはありません。

Evernoteには、ファイルを整理するために、ノートブックやタグといった機能があるので、それを使用して、年度毎に年賀状を整理します。

Evernote Premium

僕は、「年賀状2016」というノートを作り、そこにスキャンした年賀状を入れておきます。

これで、Evernoteに保管されたので、紛失の心配はありません。また来年になれば、すぐに見返すことがあできるので、とても便利です。

まとめ:クラウドってほんと便利

年賀状だけにとどまらず、その時その時のイベントで発生するものをEvernoteなどのクラウドサービスに保存しておくと、どこでも見返すことができるし、来年になっても焦ることがありません。

クラウドに保管するのが心配な人は、直接ハードディスクに保管しておくのもいいかもしれませんが、バックアップだけはしっかりとっておくようにしましょう。

富士通 FUJITSU ScanSnap iX100 (A4/片面/バスパワー駆動) FI-IX100A
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 576
できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド
コグレマサト いしたにまさき 堀 正岳 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 4,910
MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

LINEで送る
Pocket

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です