macfujilog

人生をより楽しく

*

社会人がお金を貯めるために身につけたい4つの習慣

   

Search FRESHMAN Free Photos Stock Images Foter
学生から社会人になって、一番大きく変わることに「毎月給料が決まった額入ってくる」ということです。

経済的にも自立することが多くなる新社会人、もらった給料を毎月全て遊びや飲みに使ってしまい、給料日前はカツカツの生活を送り、また給料日になったら豪遊するという生活を送っている人も多いのではないでしょうか。

でもちょっとまってください、社会人になりたての頃身についたお金の習慣は、その後の人生のお金の使い方を決定づけてしまいます。

大人としてのスタートラインだからこそ、先のことも見据えながら計画的にお金を使わなければなりません。

実際に僕も、新社会人となって最初の1年が大切だ!と思い、お金の使い方を習慣づけています。そして、その習慣が身につきつつある今、順調に貯金もしつつ、使うところは使うとメリハリのある生活が送れています。

そんな僕が意識して行動している、「4つの習慣」をご紹介。

スポンサード リンク

給料日にまず貯金をする

Search FRESHMAN Free Photos Stock Images Foter

貯金をするにあたって一番大切なことは、毎月決まった金額をしっかり貯金していくということです。

毎月貯金する金額がバラバラでは、何年でいくら貯まるのかなどといった計画が立てづらいので、計画的な貯金ができません。

そんなとき「給料から貯金すべき金額を先に引く」のが有効な手段となります。

全ての新社会人に送る、わかりやすい給与明細の見方 | macfujilog

給料日に、先に決まった金額を貯金用の口座に入金するのです。
会社の制度で、給料天引きで財形貯蓄などをしてくれる会社があったら、その制度は是非活用しましょう。勝手に給与天引きでお金がたまっていきます。

そうして、貯蓄分を差し引いた給料が、今月の「給料」となるように習慣づけてください。そうすることで、自然に貯金ができるようになります。

待ちに待った給料日で、パーッと遊びたくなる気持ちもわからなくもないですが、とりあえず給料日に貯金をし、固定費や生活費などを差し引いた、自分の自由に使えるお金の範囲内で遊ぶようにしましょう。

借金は極力しない

Search FRESHMAN Free Photos Stock Images Foter

社会人になると、毎月だいたい決まった金額が給与として自分の懐に入ってくるようになります。

これは、「簡単にお金を借りることができる」ようになるということを意味しています。

社会人になると、何かと支出も多くなります。車を買ったり、旅行にいくためや生活費の足しにするために、キャッシングやクレジットのリボ払いを使って、支払いを先延ばしにするのは絶対にやめましょう。

借金というのは、かならず「金利」というものがついてきます。例えば、金利が5%ならば、100万円借りたら1年後には105万円にして返さなければなりません。

一時の生活費の足しにする!と言いながら、金利を支払い続けなければならないので、結局自分の首を絞めてしまうことになります。

車が欲しいならある程度貯金をしてから買いましょう。旅行に行きたいなら、旅行前の2ヶ月くらいを我慢して過ごしましょう。生活費が足りないなら、自分の生活を見直しましょう。

そうすることで、借金に頼らずに生活を送ることができるようになります。

将来のためにお金を使おう

Search FRESHMAN Free Photos Stock Images Foter
将来のためになることにお金を使いましょう。

勉強や読書は代表的なものですが、将来の自分の力になってくれるものにお金と時間を費やすことで、将来より大きなリターンを得ることができます。

身につけておいて損のない知識は、身に付ける時期が若ければ若いほど、長い人生において大きな力を発揮してくれるはずです。

同じ知識をつけるとして、それを25歳で知るのと50歳で知るのには大きな違いがあります。知識のある25年間と、知識のない25年間では大きな違いになることは明白です。

まず一番大切なのは、「お金についての知識を深める」ことです。自分の生活と切っても切れない関係にあるお金のことについて、しっかり勉強しておきましょう。

友達と飲みに行く、なんとなく自分へのご褒美で贅沢をする。そういうストレス発散も大切です。たまにはパーッと遊んで、嫌なことを忘れましょう。

でも、将来の自分のために「自分に投資」するのも大切なのではないでしょうか。

少しづつ投資を始めよう

Search FRESHMAN Free Photos Stock Images Foter

大卒の新社会人だと、23〜24歳の人がほとんどだと思います。よく考えてください、定年まで約40年の時間があります。今まで生きてきた年月から考えると無限に思えるこの時間を有効に使うために、若いうちから投資を経験しておくべきです。

投資と言われると、ギャンブルのようなもので一攫千金だが失敗すれば多額の借金を抱えてしまうという印象を持っている人もいるかもしれませんが、そんな馬鹿げたことを勧めているわけではありません。

毎月給料の中でほんの少し、1万円づつでも積み立てながら堅実に投資を続けることで、長い期間で見ると資産を築くことができます。近い将来に待っている大きな支出にも備えることができるかもしれません。

また、自分で投資をすると、社会への関心も高くなり、新聞を積極的に読んだり、自分からお金の勉強をするようになり、一石二鳥です。

【無料】本当は教えたくない iPhone,iPadで日経新聞を読む方法 | macfujilog

毎月5000円でもいいです。月に1回だけ飲み会を我慢して、積み立て投資を始めてみましょう。

おわりに

新社会人1年目の過ごし方が、将来の自分のお金の使い方に直結してきます。

良いスタートを切るためにも、良いお金の使い方を身につけて、充実した日々を送ることが大切だと思います。

実際に僕も新社会人になって、お金の使い方を意識した生活を送っていますが、習慣も少しづつ身につき、有意義に生活出来ていると感じます。

「29歳貯金ゼロ!  年収300万!  このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本
岡村 聡
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 59,224

超簡単!楽天カードでポイントを稼ぎまくっている僕がお得な使い方を紹介します。 | macfujilog

MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です