macfujilog

人生をより楽しく

*

トラックボールおすすめNo.1と噂のm570t を購入しました。こんなに使いやすいの?

      2015/11/13

みなさんこんばんは。MACFUJI(@macfuji303)です。

普段Macを使うときは、トラックパッドかマウスを使っている僕ですが、ついに、トラックボールという未知の世界に足を踏み入れてしまいました。

ワイヤレスマウス派ですが、トラックボールなるものを買ってみました。これが浮気というやつか。 | macfujilog

というわけで、超人気トラックボールであるLogicool m570tを購入したので紹介したいと思います。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール (2013-08-02)
売り上げランキング: 172
スポンサード リンク

ワイヤレストラックボール m570tを購入!

FullSizeRender 16

これがトラックボールなるものです。青いボールのようなものがついていますね。これがトラックボールの特徴で、ボールを転がしてマウスポインタを移動させます。

親指でマウスを動かすというイメージです。
今までマウスを使ってきた人にはちょっとピンとこない感じがするかもしれませんね。

トラックボールのボタン配置

FullSizeRender 18

これがm570tのボタン配置です。基本的にはマウスと似ていますね。

右クリック、左クリック、中央のスクロールボタンです。

そして、左クリックの横側にもボタンが2つあります。このボタンはデフォルトではブラウザの戻る、進むボタンが設定されています。

基本的な操作はマウスと殆ど変わりはないと思ってもいいかもしれません。

ボタンは好きな様に設定できる

先ほど紹介した5つのボタン、実は好きなようにカスタマイズすることができます。

こちらのページから専用ソフトをダウンロードします。

ソフトをダウンロードし、システム環境設定から設定を行います。

システム環境設定

画面を開くと・・・

Wireless Trackball M570

このように、設定画面が出てきます。

僕は基本的にこのようなボタン設定で操作を行っています。ほとんどデフォルトですが、これが一番使いやすいような気がしています。

実際の使い心地

FullSizeRender 17

実際にトラックボールを使ってみると、マウスとの操作が明らかに違うと感じます。

それはまず、「手首を動かさない」ということです。

マウスは、マウス本体を動かしてカーソルを動かすので、必然的にマウスを動かすときに手首を使っています。長時間マウスを使っていると、手首が痛くなる人がいるのはこのためです。

マウス自体の重さはそこまでないかもしれませんが、長時間使っているとやはり手首に負担がかかっていしまうのです。

それに対してトラックボールは親指でボールを転がしてマウスカーソルを動かすので、手首が一切動きません。

本体に手を乗せて操作するので、ほとんど手は動かないのです。この操作が僕に革命をもたらしました。全く手首が痛くならないのです。

親指だけでマウスカーソルを操作するのはなかなか難しいですが、慣れてくれば問題なく使用できるようになるでしょう。

まとめ

使い始めて一週間が経ちましたが、親指での操作に慣れてきました。

こんなに器用に親指が動くとは、正直言って驚きです。

トラックボールは僕のMacライフに革命をもたらしてくれました。
正直トラックボールってどうなの?と思っている人、なかなかおすすめですよ。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール (2013-08-02)
売り上げランキング: 172
MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 - Mac

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です