macfujilog

人生をより楽しく

*

ワイヤレスマウスの動きや接続が悪い時の対処方法

      2015/11/02

みなさんこんばんは。MACFUJI(@macfuji303)です。

最近はなんでもワイヤレスで接続ができるので、机の上が配線でごちゃごちゃするということが非常に少なくなってきました。

Mac周りでワイヤレスに接続できるものといえば、マウスとキーボードですよね。

FullSizeRender 11
僕はMacBook Pro Retina 13インチをデスクトップ化して使っているのですが、それに伴って使用するマウス、キーボード、トラックパッドは全て無線化して使っています。

MacBook Pro をデスクトップ化して使うことで、自宅での作業が超捗るよ | macfujilog

FullSizeRender 2

ワイヤレスだと、机周りが本当にすっきりするのですが、写真右側にあるマウスの動きがとんでもなく悪いのです。細かく動かそうとすると、マウスポインタが飛んだように動いたり、また、全く反応がなかったりと調子が悪いのです。

マウスの調子が悪いので、最近はもっぱらトラックパッドのみを使っていたのですが、トラックパッドだけではなく、マウスを使いたい場面も出てくるので、なんとかワイヤレスマウスの動きが悪いのを治したいと考えました。

試行錯誤し、ある方法を試すと、見違えるほどにマウスの動きが良くなりました。

というわけで、今回はワイヤレスマウスの接続が悪い時の対処法をご紹介します。

スポンサード リンク

ワイヤレスマウスの動きが悪い原因

まず、ワイヤレスマウスの動きが悪い時は、考えうる原因を探さなければなりません。

考えられる原因としてあるのが、

  • バッテリーが残りわずかである
  • 信号を受信するレシーバーの問題
  • そもそもマウスが壊れている
  • というものがあります。

    マウスの調子が悪い原因を一つづつ探っていくことにしました。

    ワイヤレスマウスの電池交換

    FullSizeRender 12

    僕が使っているマウスは、内部に単3電池が入っています。

    この電池が消耗していることで、マウスの動きが悪いのではないかと考えました。

    僕はいつもエネループを使っているので、新しい電池と交換することにしました。

    新しい電池に変えて、スイッチオン。

    電池を変えてみた結果は・・・最初は動きが良かったのですが、少し時間が経つと、マウスの動きが悪くなってきて最初の接続の悪い状態に戻ってしまいました。

    これで、マウスの電池が消耗しているから動きが悪いのではないということがわかりました。

    ワイヤレスマウスのレシーバーの問題

    僕の使っているマウスは、レシーバーと呼ばれる受信部をMacのUSBポートに差し込み、そこからマウスの電波を受信することによってマウスを認識するタイプのマウスになります。

    マウスのレシーバーとは、このようなものです。

    FullSizeRender 13

    めちゃめちゃ小さいです。このあるのかないのかわからないようなものを、MacBook Pro Retina 13インチのUSBポートに差し込んで使います。

    このレシーバーが遠すぎるので、電波があまり届かなくなり、ワイヤレスマウスの動きが悪くなるのではないのかと考えました。

    FullSizeRender 9 jpg

    今はMacBook Pro Retina 本体のUSBポートに差し込んで使っているので、50センチほどの距離があります。この距離でも遠いのか・・・?

    この距離をもっと縮めることで、できるだけマウスとレシーバーを近づけてみることにします。

    使ったのは、余っていたUSBハブです。

    FullSizeRender 14

    こいつを使って、マウスにできるだけ近い距離にレシーバーを持ってくることにしました。

    FullSizeRender 15 jpg

    ここまで近づけることができました。距離にして25センチほど。机の上に余計な配線が増えてしまいましたが、こればっかりは仕方ありません。

    すると・・・・

    マウスの動きが良くなった!!

    やはり原因はレシーバーの遠さでした。今までとは比べ物にならないほどスムーズに動いてくれます。

    やっぱりスムーズに動くマウスはいいもので、細かい作業等もトラックパッドよりもはかどりますね。やっぱりマウス、いい。

    そもそもマウスが壊れている場合

    これらの対策でマウスが直らない場合は、素直に買い換えるのが一番いいかと思います。
    そもそもマウスが壊れている場合は、諦めて新しい物を買いましょう。

    まとめ

    ワイヤレスマウスの動きのスムーズさは、Macを扱う上でとても大切で、動きが少しでも悪いと、それだけでストレスになってしまいます。

    せっかくストレスなく使うことのできるMacを持っていても、マウスが悪かったら台無しですね。

    というわけで、これをきっかけにマウス環境をもう一度見なおしてみてはどうでしょうか。僕はマウス環境を見なおした結果、素晴らしい効果を得ることができました。

    Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK
    ロジクール (2014-01-24)
    売り上げランキング: 261
    MACFUJI

    About

    社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

    LINEで送る
    Pocket

     - Mac

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です