macfujilog

人生をより楽しく

*

AppleWatchは本当に買い?販売価格は相応なのか?僕が思った感想

      2015/10/08

AppleWatchの発表後、冷静にいろんなことを考えていた
MACFUJI(@macfuji303)です。

皆さんご存知AppleWatch、皆さん買いましたか?

空白 Skitch キャンバス

発売した瞬間買うぞ!と意気込まれている方、いや、まだまだAppleWatchは様子見だと思われている方、人それぞれだとは思いますが、今回は僕がAppleWatchについて思うことを書きたいと思います。

スポンサード リンク

AppleWatchの価格、高すぎない?

まず、これは僕が第一に思ったことです。AppleWatchはSports、AppleWatch、Editionの3モデルがラインナップされています。

Apple Watch – Apple(日本)

公式サイトを参考に、まとめてみました。

AppleWatch Sports

空白 Skitch キャンバス

Apple Watch SPORTは、ケースの材質に酸化皮膜処理を施したアルミニウム素材を採用、ION-X強化ガラスのディスプレイで耐衝撃性能を高めています。バンドは柔らかく耐久性も高いフルオロエストラマー樹脂素材とのことです。簡単に言えばAppleWatchの廉価版です。

価格は38mmケースが4万2800円、42mmケースは4万8800円。

そこそこいい時計が買えるレベルです。ウェアラブル端末として考えてもそこそこ高いんじゃないでしょうか。

AppleWatch

AppleWatchは本当に買い 販売価格は相応なのか 僕が思った感想 macfujilog

Apple Watchは鏡面仕上げを施したステンレススチールケースにサファイアクリスタルのディスプレイを採用。バンドにはレザー、リンクブレスレット、ミラネーゼループ、フルオロエストラマーのスポーツバンドを揃え、全20モデルを用意します。全モデルの中でもスタンダードなモデルです。

価格は

スポーツバンド採用モデルが 6万6800円 / 7万1800円
クラシックバックルおよびミラネーゼループ採用モデルが 7万7800円 / 8万3800円
モダンバックル採用モデル(38mmケースのみ)が8万9800円
レザーループ採用モデル(42mmケースのみ)が8万3800円
リンクブレスレット採用モデルが11万3800円 / 11万9800円
スペースブラックリンクブレスレット採用モデルが12万6800円 / 13万2800円

高いですね〜。11万って、iPhone買えてしまうレベルですよ。これはどう考えても高いですよね。

AppleWatch Edition

そしてついにやってまいりました。
超弩級最高級のEditionモデルでございます。

AppleWatchは本当に買い 販売価格は相応なのか 僕が思った感想 macfujilog

限定のApple Watch エディションは8モデルを用意し、18Kケースとサファイアクリスタルのディスプレイを備えます。

価格はスポーツバンド採用モデルが128万円 / 148万円、モダンバックル採用モデルが218万円(38mmケースのみ)、クラシックバックル採用モデル(42mmケースのみ)が188万円とのことです。

もはやよくわかりません。なんというか、完全に高級腕時計のカテゴリです。

実際にAppleWatchの購買層はどの辺なのか

廉価版のSportsモデルでも4万円ほどします。そしてなんと最高級のEditionは218万円です。このような超高級時計をどのような層が買うのかどうかが気になります。

AppleWatch Sportsモデルは、Apple製ウェアラブル端末を購入しようかなと思ったらギリギリ選択肢に入るレベルです。

しかし、AppleWatchやEditionモデルとなると、もはや装飾品の域に入っているような気がします。

デバイス自体に価格相応の価値はあるのだろうか

空白 Skitch キャンバス

ウェアラブル端末は、身につけて使ってナンボです。たとえば日常の活動の記録をとったり、メッセージを受信したり、電話したりと、フルに使用してこそ存在意義があります。

AppleWatchのSports、スタンダード、Editionにはとても大きな価格差がありますが、その価格差は実際のデバイスの性能ではなく、完全に外装(ケース)の値段です。

機能自体には何も違いがないのに、ここまで価格差があると、「こんなに高いのはボッタクリなのではないか」と思ってしまいます。Appleは装飾品としてAppleWatchをリリースしてきたかもしれませんが、実際には駆動時間や防水性能などまだまだ改善の余地はあるのではないでしょうか。

AppleWatchは未完成。だけど価格は高いです。

まとめ

空白 Skitch キャンバス

今回は、主にAppleWatchの価格とモデル別の価格差について書きました。

AppleWatchは革命的な製品であるとはいっても、やはり肝心のデバイス部分の完成度がまだまだ低いのではないでしょうか。

最高級モデルであるEditionは特に、外装(ケース)部分の素材や完成度と、デバイス部分の完成度が釣り合っておらず、バランスが取れていないと感じます。

実際に、AppleWatchはバッテリー駆動の機械なので、いつかは寿命がきます。しかし、超高級素材を使ったケース部分はそれよりもはるかに長持ちします。

そうなってしまっては、文字通り「装飾品」としての役目しか果たさないのではないでしょうか。

MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 - Otohers

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です