macfujilog

人生をより楽しく

*

AppleTVとiPhoneで自宅のオーディオ環境改革!AirPlayで音楽再生環境を構築

      2015/10/31

みなさんこんばんは。MACFUJI(@macfuji303)です。

AppleTVとiPhoneで自宅のオーディオ環境改革 AirPlayで音楽再生環境を構築 macfujilog

僕は基本的にMacで作業するときに音楽を聞いています。

しかし、MacでiTunesを立ち上げて音楽を聞くと意外とメモリ食ったりするんですよね。これが非常にもったいなく感じます。

なのでiPadにスピーカーを直接つないで音楽を流したりしていましたが、それではiPadをさっと持ち歩きたいときに非常に不便です。

そこで以前AppleTVを購入し、AppleTV→テレビ→スピーカーという形で音楽を流していました。

しかし、一旦テレビを中継して音楽を流すというのはあまりスマートではありません。音楽を流しているときは画面を見ないのに、常に画面がついているのはもったいない気がします。

そこで、AppleTVを使い、テレビを経由せずにAppleTV→スピーカーというシステムを組みことができないかを考え、実行してみました。

このシステムを構築することにより、AirPlayを使って

Macからでも、iPhoneからでも、iPadからでも 

無線で

自分の好きなスピーカーから音楽を流すことができます。

それでは、そんな夢の様なシステムをご紹介致します。

僕のメインマシン!MacBook Pro Retina 13インチモデルが好きすぎるので魅力について語ってみた | macfujilog

スポンサード リンク

用意するもの

Apple TV

AppleTVとiPhoneで自宅のオーディオ環境改革 AirPlayで音楽再生環境を構築 macfujilog

Apple TV、こいつがいないと始まりません。Apple TVは、AirPlay受信機の役割をすることになります。

スピーカー

次に音を鳴らすスピーカーを用意します。これは正直なんでも構いません。ステレオミニプラグに装着するので、ステレオミニプラグに対応しているスピーカーならばなんでも大丈夫です。

ステレオミニプラグ Google 検索

D/Aコンバーター(通称DAC)

DACとは、音楽のデジタルデータをアナログデータに変換するものです。

AppleTVから出力される音楽データはデジタルです。これをBOSE M2につなぐためにはデジタルデータをアナログデータに繋がなければなりません。そこで登場するのがDACです。

DACには様々な性能のものがあり、上を見ればウン十万円もするものがあります。恐ろしい世界です。

今回僕が使用したのはFiio という会社のD03kというDACになります。

Amazon co jp オヤイデ電気 fiio コアキシャル オプティカル切替式コンパクトDAコンバーター D03K 家電 カメラ

これは値段が3〜4000円とお手軽で、僕の使い方であれば性能にも不満はありません。

Amazonにも売っていました。

光端子のデジタルケーブル

AppleTVから出力された光データをDACに送るために、光デジタルケーブルが必要になります。

ステレオミニジャックとRCAの変換ケーブル

Fiio D03kの出力はRCA(赤と白の端子のケーブル)、今回使うスピーカーはステレオミニプラグなので、こちらも変換プラグを用意します。

ハイパーツールズ 3.5mmステレオミニジャック⇔RCA(赤・白)オスケーブル 15cm RCA3-MF
ハイパーツールズ (2009-03-05)
売り上げランキング: 50,032

ステレオミニプラグはメス(凹側)RCA端子は押す(凸側)のケーブルですので、お気をつけください。

IPhoto
それでは設定していきます。

設定してみよう!

まず、AppleTVの後ろにあるデジタル出力端子と、DACのデジタル入力端子とをデジタルケーブルをつなぎます。

Apple TVには、端子が後ろの方についています。

IPhoto

そして次に、DACのRCAと、スピーカーのステレオミニプラグとをつなぎます。

IPhoto

RCAは色に注意してください。

そして各種電源をつなげば完成です。簡単ですね。

実際に使ってみる。

まず、AppleTVの後ろに伸びているデジタル出力端子と、DACのデジタル入力端子とをデジタルケーブルをつなぎます。

そして次に、DACのRCAと、スピーカーのステレオミニプラグとをつなぎます。

そして各種電源をつなげば完成です。簡単ですね。

これで、iPhoneのAirPlayを使って、Apple TV経由で音声を出力することができるようになります。

使用した感想

接続してあまり時間が経っていない時は少し接続が悪かったり、次の曲にスキップするときに少し時間差が発生しますが、iPhoneをリモコンにしてなかなかの音質で音楽を再生できるというのは非常に快適です。

音質に関しても、BluetoothでなくAirPlayなので、音に関するロスはないと思います。ただDACの性能、ケーブルの質など、上を目指せばきりのない世界なので、音質に関しては評価できません。ただ、僕は満足です。

何よりも、無線でWi-Fi圏内であればどこでも音楽の再生、スキップが出来る。そしていちいちMacやテレビを立ち上げる必要がないというのが非常に便利です。

おわりに

FullSizeRender 2
少し工夫するだけで、このように無線でのオーディオ環境を構築することができます。

いちいちケーブルを接続する必要がないので、部屋のどこからでも音楽を再生できる、この便利さは格別です。皆さんも是非。

LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313
ロジクール (2010-06-18)
売り上げランキング: 1,702
MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

LINEで送る
Pocket

 - Mac

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です