macfujilog

人生をより楽しく

*

消えてしまったブログやサイトを見ることができるInternet Archiveが便利!過去記事も検索できる!

      2015/12/23

Internet Archive Digital Library of Free Books Movies Music Wayback Machine
みなさんこんばんは。MACFUJI(@macfuji303)です。

一度消えてしまったサイトをもう一度見たくて再度アクセスしようと思っても「404エラー」というものが出てしまいます。自分のお気に入りのサイトが見れなくなってしまうのはとても悲しいことです。

一度消えてしまったサイトを見つけるのは至難の業で、キャッシュを探すのも一苦労です。

そんなとき、過去のサイトの状態を保存してくれているサイトがあればいいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが、「Internet Archive」というサイトです。ここは、過去のサイトを時系列ごとに保存しており、いつでもその当時の状態で閲覧できるようになっています。

このサイトを使えば、消えてしまったけどもう一度そのページを見たい!と思った時に、過去のデータを探してもう一度見ることができます。

そんな便利なサイト、Internet Archiveをご紹介。

スポンサード リンク

僕がこのサイトを知った理由

ちなみに、どうして僕がこのサイトを知ったかというと、自分のブログの投稿が全て消えてしまうという大惨事に遭ったからです。

WordPressの投稿が全て消えてしまいました。過去記事も消滅。途方に暮れた僕・・・ | macfujilog

過去に自分のブログに投稿していた記事が全て吹っ飛んでしまったので、どうにかしてブログを復活させられないかといろんなことを調べまくった結果、このサイトに出会いました。
当ブログのような小さなブログでも、ある程度はキャッシュが残っていました。

おかげで、過去の記事を引っ張ってきて、再編集して投稿することができました。もう、Internet Archiveサマサマです。このサイトがなければ、僕は本当に一からブログを作り直さなければなりませんでした。

そんな超有能な Internet Archiveの使い方を見ていきましょう。

Internet Archiveの使い方

まず、Internet Archiveのトップページにアクセスします。英語のサイトなので、最初は戸惑うと思いますが、なんとなくわかるので大丈夫です。(笑)

Internet Archive Digital Library of Free Books Movies Music Wayback Machine

まず、トップページに検索窓があるので、調べたいサイトのURLを入力します。

Internet Archive Digital Library of Free Books Movies Music Wayback Machine

僕の場合は、過去の「macfujilog」を見たいので、検索窓にmacfuji.comと入力します。

Internet Archive Wayback Machine
検索をかけるとこのようにカレンダーが表示されます。

このカレンダーの赤い印は、その日付の時点のサイトを保存しているという印になっています。macfujilogの場合はログが5月5日と8月1日に保存されているようです。ということは、5月5日と8月1日の状態のmacfujilogを見ることができるということですね。

2回も保存してくれていることに感謝感激です。

今回は8月1日保存分を見てみたいと思います。

MACFUJI com  人生をより楽しく

ああ、懐かしや僕のブログ記事たち。

今は亡き、僕のブログ記事です。一番上の投稿なんて、「放って置いたブログがいつの間にか5万PVを達成しました。」とか書いてます。今となっては辛い記事です。

このページにアクセスしてみます。

放っておいたブログがいつのまにか5万PVを達成しました アクセスアップの理由や方法などを公開してみる macfujilog

このように、普通にアクセスすることができます。実際にページがそのまま復元されているので、サイトが消えてしまう前のようにページを閲覧することができます。

しかし、全ての過去記事を見ることができるというわけではないようです。保存してあるページからいくらか記事を移動すると、保存されていないのか、ページが表示されなくなってしまいます。

Internet Archive Wayback Machine

このように、表示できないページがあるとエラーが出ます。

僕のブログの場合、4ページ目以降から表示されなくなりました。でも、よく考えたら、世界中のサイトを保存していると思われるので、データ量は膨大なものでしょう。全てのサイトのすべての記事を保存するのは不可能なのかもしれません。

でも、これだけ過去記事が残っているのはとても助かります。

自分の運営しているサイトの過去の状態を確認するのにも使えそうです。遡った当時のサイトデザインなど、忘れてしまったらInternet Archiveを使って思い出してみるのもいいかもしれません。

まとめ

このように、カレンダーで保存された記事を選ぶことができるので、昔のデザインのサイトを懐かしんだりすることにも使えそうです。

ちなみに、僕としては全てでないにしろ過去記事が残っていたので、これらを参考にまた記事をある程度更新することができそうです。ほんの少しだけ、救われたような気がしました。

というわけで、救出することのできる記事を再投稿し、少しずつ新しいブログを充実させていきたいと思います。

サイトの過去の状態を見ることのできる「Internet Archive」のご紹介でした。

ブログが消滅してから早2ヶ月。少しづつ回復してきたけど、独自ドメインの強さを改めて実感。 | macfujilog

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア
コグレマサト するぷ
インプレスジャパン
売り上げランキング: 9,687
MACFUJI

About

社会人副業ブロガー。人生をより楽しくをモットーにブログを書いております。 Mac/カメラ(Nikon)/副業/Apple製品/車/WordPress/ライフハックなどに興味あり。 5万PV/月。ブログ収益はPV≒1円。

LINEで送る
Pocket

 - Blog

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です